アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
444

イングマール・ベルイマン

黒澤明やフェデリコ・フェリーニとともに20世紀の3大巨匠といわれるスウェーデンの映画監督イングマール・ベルイマン(Ernst Ingmar Bergman)、同国南部のフォーレ島(ゴトランド島の北の島)で7月30日死去、89歳。1918年スウェーデンの大学都市ウプサラ生まれた。父親は牧師。ストックホルム高校(現大学)在学中に学生演劇に熱中。脚本家見習いとして映画会社に就職。44年自作脚本「もだえ」の映画化で助監督を務める。46年「危... <img height="" width="130" src="http://cineuropa.org/imgCache/2016/04/25/1461575374807_0570x0400_1461575413650.jpg" alt="" /><br /><br />黒澤明やフェデリコ・フェリーニとともに20世紀の3大巨匠といわれるスウェーデンの映画監督イングマール・ベルイマン(Ernst Ingmar Bergman)、同国南部のフォーレ島(ゴトランド島の北の島)で7月30日死去、89歳。<br /><br />1918年スウェーデンの大学都市ウプサラ生まれた。父親は牧師。ストックホルム高校(現大学)在学中に学生演劇に熱中。脚本家見習いとして映画会社に就職。<br />44年自作脚本「もだえ」の映画化で助監督を務める。46年「危機」で監督デビュー。52年不良少女の行動描いた「<a href="http://cinema.intercritique.com/movie.cgi?mid=7190" target="_blank">不良少女モニカ</a>」や、56年ペスト流行の中世を舞台にした「<a href="http://www6.plala.or.jp/khx52b/movie/file_t/ta0011.html" target="_blank">第七の封印</a>」が高く評価される。57年老教授の孤独を描いた「野いちご」でベルリン映画祭金熊賞を受賞。<br />“神の沈黙”3部作として名高い「鏡の中にある如く」「冬の光」「沈黙」のほか、「処女の泉」「ある結婚の風景」「秋のソナタ」などなど映画史に残る名作を発表。82年自伝的作品「ファニーとアレクサンデル」を撮影後、映画監督を引退。しかし、03年に自身の監督作品「サラバンド」を発表し、20年ぶりに映画監督として復帰した。<br /><br />一方で、演劇界でもスウェーデン王立劇場の総監督を務めるなど活躍。87年同劇場来日公演でストリンドベリ作「令嬢ジュリー」、90年能の様式を取り入れた三島由紀夫作「サド侯爵夫人」を上演。91年高松宮殿下記念世界文化賞(演劇・映像部門)を受賞した。<br /><br />兄のダークは外交官。姉のマルガレータは小説家。5度の結婚で8人の子供をもうけた。<br />
- obituary -
449

阿久悠

昭和歌謡史に名を残す作詞家で作家の阿久悠(本名・深田公之)、尿管癌のため慈恵会医大病院で1日死去、70歳。1937年兵庫県津名郡鮎原村(現:洲本市=淡路島)生まれ。59年明治大学文学部卒業、広告代理店宣弘社に勤務。65年フリーとなり、執筆活動に入る。同年ザ・スパイダースのデビュー曲「フリフリ」のB面「モンキー・ダンス」で作詞家デビュー。ペンネームは「悪友」のもじり。尾崎紀世彦「また逢う日まで」、沢田研二「勝... <img width="150" height="125" alt="" src="http://www.meiji.ac.jp/koho/hus/html/img/1275991138_2.JPG" /><br /><br />昭和歌謡史に名を残す作詞家で作家の阿久悠(本名・深田公之)、尿管癌のため慈恵会医大病院で1日死去、70歳。<br /><br />1937年兵庫県津名郡鮎原村(現:洲本市=淡路島)生まれ。59年明治大学文学部卒業、広告代理店宣弘社に勤務。65年フリーとなり、執筆活動に入る。同年ザ・スパイダースのデビュー曲「フリフリ」のB面「モンキー・ダンス」で作詞家デビュー。ペンネームは「悪友」のもじり。<br />尾崎紀世彦「また逢う日まで」、沢田研二「勝手にしやがれ」、山本リンダ「どうにもとまらない」、森昌子「せんせい」、都はるみ「北の宿から」など5000曲以上を作詞。日本レコード大賞を5回受賞するなど、ポップスから演歌まで幅広いジャンルでヒット曲を生みだした。番組「スター誕生」の審査員としてピンク・レディーや山口百恵、桜田淳子を発掘した。<br /><br />78年小説「ゴリラの首の懸賞金」で作家デビュー。74年直木賞候補となった小説「瀬戸内少年野球団」はその後映画化された。82年「殺人狂時代 ユリエ」で横溝正史賞受賞。家族を題材とした「家族の神話」「家族元年」のほか恋愛小説「絹婚式」「もどりの春」など小説家としても活躍。<br />短編小説集「恋文」、長編小説「ラヂオ」はラジオドラマ化され、NHK-FM放送「ラヂオ」はギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞を受賞。<br /><br />97年に14枚組CD全集「移りゆく時代、唇に詩」を発売、新作歌詞100篇を収録した「書き下ろし歌謡曲」を刊行。同年第45回菊池寛賞を受賞。99年紫綬褒章。00年掌編小説集「詩小説」で島清(しませ)恋愛文学賞を受賞。<br /> <br />・<a href="http://www.aqqq.co.jp/">阿久悠 公式HP</a><br /><br />
- obituary -
    Return to Pagetop