アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

773

大津鎮雄

洋画家の、大動脈弁狭窄症のため東京都武蔵野市の病院で31日死去、87歳。1934年東京都生まれ。39年日本美術大学卒業。安井曽太郎に師事し、49年日展初入選。50年一水会展一水会賞を受賞。91年「山添いの家」で日展で文部大臣賞を受賞など。00年小山敬三美術賞を受賞。清楚な風景画などを得意とした。... 洋画家の、大動脈弁狭窄症のため東京都武蔵野市の病院で31日死去、87歳。<br /><br />1934年東京都生まれ。39年日本美術大学卒業。安井曽太郎に師事し、49年日展初入選。50年一水会展一水会賞を受賞。91年「山添いの家」で日展で文部大臣賞を受賞など。00年小山敬三美術賞を受賞。<br /><A HREF="http://nichido.jukebox.co.jp/artsearch/artist/27.html">清楚な風景画</A>などを得意とした。<br /><br />
- obituary -
772

マーガレット・トルーマン・ダニエル

トルーマン元米大統領の娘マーガレット・トルーマン・ダニエル(Margaret Truman Daniel、シカゴで29日死去、83歳。1924年米ミズーリ州インディペンデンス生まれ。トルーマン夫妻の唯一の子供。16歳で声楽レッスンを始める。ジョージ・ワシントン大学卒業。歌手としてデビュー。ラジオやテレビのキャスターを務めながら作家活動。... <a href="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/trouman-daniel.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/trouman-daniels.jpg" alt="trouman-daniel.jpg" border="0" /></a><br clear="all" /><br />トルーマン元米大統領の娘マーガレット・トルーマン・ダニエル(Margaret Truman Daniel、シカゴで29日死去、83歳。<br /><br />1924年米ミズーリ州インディペンデンス生まれ。トルーマン夫妻の唯一の子供。16歳で声楽レッスンを始める。ジョージ・ワシントン大学卒業。歌手としてデビュー。ラジオやテレビのキャスターを務めながら作家活動。<br /><br />
- obituary -
771

田村勝夫

サイマル出版会創業者の、肝細胞癌のため東京都港区の病院で28日死去、78歳。1929年青森県中津軽郡東目屋村(現:弘前市)生まれ。青森師範学校(現:弘前大学教育学部)卒業。48年上京。小原国芳のもとで書生ののち、東京都文京区立汐見小学校の教師となる。その傍ら民主主義科学者協会で見田石介に師事。49年レッドパージで教職を失い、東大職員組合の書記となる。58年弘文堂に入社。編集部長として猿谷要「アメリカの黒人」や竹中... サイマル出版会創業者の、肝細胞癌のため東京都港区の病院で28日死去、78歳。<br /><br />1929年青森県中津軽郡東目屋村(現:弘前市)生まれ。青森師範学校(現:弘前大学教育学部)卒業。48年上京。小原国芳のもとで書生ののち、東京都文京区立汐見小学校の教師となる。その傍ら民主主義科学者協会で見田石介に師事。49年レッドパージで教職を失い、東大職員組合の書記となる。<br /><br />58年弘文堂に入社。編集部長として猿谷要「アメリカの黒人」や竹中労「美空ひばり」などを刊行。67年会社倒産。同年サイマル出版会の設立に参加。最初の刊行物「マクルーハン入門」がベストセラーになる。ほかD・ハルバースタム著「ベスト&ブライテスト」「メディアの権力」などを刊行。97年営業不振により倒産。<br />
- obituary -
770

西川正雄

東京大名誉教授で欧州近現代史が専門の西川正雄、食道癌のため28日死去、74歳。1933年東京生まれ。56年東京大学文学部西洋史学科卒業。62年同大大学院博士課程中退。東京大学、東京女子大学を経て、東京大学教養学部教授。その後、専修大学文学部教授などを務める。ヨーロッパ現代史、国際労働運動史を専攻。著訳書に「ドイツ史研究入門」、「初期社会主義運動と万国社会党」、G.W.F.ハルガルテン「独裁者」など。... <a href="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/nisikawa1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/nisikawa1s.jpg" alt="nisikawa1.jpg" border="0" /></a><br clear="all" />東京大名誉教授で欧州近現代史が専門の西川正雄、食道癌のため28日死去、74歳。<br /><br />1933年東京生まれ。56年東京大学文学部西洋史学科卒業。62年同大大学院博士課程中退。東京大学、東京女子大学を経て、東京大学教養学部教授。その後、専修大学文学部教授などを務める。<br /><br />ヨーロッパ現代史、国際労働運動史を専攻。著訳書に「ドイツ史研究入門」、「初期社会主義運動と万国社会党」、G.W.F.ハルガルテン「独裁者」など。
- obituary -
769

高岩仁

映画監督で映像文化協会代表の高岩仁、肝細胞癌のため29日死去、72歳。1935年福岡生まれ。東京写真短期大学卒。57年東映株式会社に入社、編集部員となる。69年退社しフリーカメラマンに。71年劇映画「どぶ川学級」、75年から「公害原論」「水俣一揆」「実録公調委」など、公害反対の記録映画を撮影。89年「日の丸と君が代」、90年から「教えられなかった戦争」(マレー半島編)、(フィリピン編)、(沖縄編)の戦争関連シリーズを製作し... 映画監督で映像文化協会代表の高岩仁、肝細胞癌のため29日死去、72歳。<br /><br />1935年福岡生まれ。東京写真短期大学卒。57年東映株式会社に入社、編集部員となる。69年退社しフリーカメラマンに。71年劇映画「どぶ川学級」、75年から「公害原論」「水俣一揆」「実録公調委」など、公害反対の記録映画を撮影。89年「日の丸と君が代」、90年から「教えられなかった戦争」(マレー半島編)、(フィリピン編)、(沖縄編)の戦争関連シリーズを製作した。<br /><br />
- obituary -
768

大谷演慧

浄土真宗の宗祖親鸞の血筋で、真宗大谷派元門首代行を務めた函館別院住職の大谷演慧、肺炎のため京都市北区の病院で28日死去、93歳。京都市生まれ。前門首の故大谷光暢のいとこ。親鸞の子孫の僧侶が務め、御影堂などの儀式で門首を補佐する鍵役の一人だった。院号は信行院。69年「お東紛争」の発端をつくった前門首光暢が93年死去。後継指名された光暢の長男業成は当時学生で未成年のため、門首代行に就任。96年1月業成らの宗派離... <a href="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/20080129133445.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/20080129133445s.jpg" alt="真宗大谷" border="0" /></a><br clear="all" /><br />浄土真宗の宗祖親鸞の血筋で、真宗大谷派元門首代行を務めた函館別院住職の大谷演慧、肺炎のため京都市北区の病院で28日死去、93歳。<br /><br />京都市生まれ。前門首の故大谷光暢のいとこ。親鸞の子孫の僧侶が務め、御影堂などの儀式で門首を補佐する鍵役の一人だった。院号は信行院。<br /><br />69年「お東紛争」の発端をつくった前門首光暢が93年死去。後継指名された光暢の長男業成は当時学生で未成年のため、門首代行に就任。96年1月業成らの宗派離脱で門首不在となったが、同年7月光暢の二男暢顕の就任まで引き続き代行を務め、宗派の混乱を乗り切った。<br /><br />
- obituary -
767

フリストドゥロス

ギリシャ正教会大主教のフリストドゥロス(Christodoulos)、肝臓と大腸の癌のためアテネ郊外の自宅で28日死去、69歳。1939年ギリシア北部クサンシ生まれ。首都アテネ育ち。アテネ大学で法学と論理学を専攻。98年59歳でギリシャでのギリシャ正教会最高指導者の大主教に就任。01年同国を訪問したローマ法王ヨハネ・パウロ2世と会談、1054年の東西キリスト教会分裂以来の両教会和解へ向け積極姿勢を示した。06年現法王ベネディクト16... <a href="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/28greece-190.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/28greece-190s.jpg" alt="28greece-190.jpg" border="0" /></a><br clear="all" />ギリシャ正教会大主教のフリストドゥロス(Christodoulos)、肝臓と大腸の癌のためアテネ郊外の自宅で28日死去、69歳。<br /><br />1939年ギリシア北部クサンシ生まれ。首都アテネ育ち。アテネ大学で法学と論理学を専攻。98年59歳でギリシャでのギリシャ正教会最高指導者の大主教に就任。01年同国を訪問したローマ法王ヨハネ・パウロ2世と会談、1054年の東西キリスト教会分裂以来の両教会和解へ向け積極姿勢を示した。06年現法王ベネディクト16世と会談。<br /><br />正教会のウェブサイトやラジオ局を設置、テレビにも出演した。<br /><br />
- obituary -
766

百瀬博教

作家で格闘技プロデューサーの百瀬博教、東京都港区の自宅マンションで28日死去、67歳。風呂場の湯船で意識を失い、病院に運ばれたが死亡が確認された。東京都台東区生まれ。東京柳橋の侠客、百瀬梅太郎親分の次男。立教大学文学部在学中、赤坂の高級ナイトクラブで用心棒を務める。故力道山や故石原裕次郎、アントニオ猪木らと親交があったという。総合格闘技イベント「PRIDE」。著書に「プライドの怪人」「不良日記」など。立教... <a href="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/20080128142109.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/20080128142109s.jpg" alt="百瀬hironmori" border="0" /></a><br clear="all" /><br />作家で格闘技プロデューサーの百瀬博教、東京都港区の自宅マンションで28日死去、67歳。風呂場の湯船で意識を失い、病院に運ばれたが死亡が確認された。<br /><br />東京都台東区生まれ。東京柳橋の侠客、百瀬梅太郎親分の次男。立教大学文学部在学中、赤坂の高級ナイトクラブで用心棒を務める。故力道山や故石原裕次郎、アントニオ猪木らと親交があったという。総合格闘技イベント「PRIDE」。著書に「プライドの怪人」「不良日記」など。立教大学相撲部時代の経験はを92年周防正行監督が「シコふんじゃった。」として映画化。<br />
- obituary -
765

今宮エビス

漫才師の今宮エビス(本名:土屋嘉生)、肺炎のため大阪市城東区の病院で27日死去、66歳。京都市生まれ。芦屋雁之助さんに師事し、内海カッパさんとコンビで活動した。... 漫才師の今宮エビス(本名:土屋嘉生)、肺炎のため大阪市城東区の病院で27日死去、66歳。<br /><br />京都市生まれ。芦屋雁之助さんに師事し、内海カッパさんとコンビで活動した。<br /><br />
- obituary -
764

クリスチャン・ブランド

米俳優の故マーロン・ブランド(Marlon Brando,04年死去)の長男クリスチャン・ブランド(Christian Brando)、肺炎のためロサンゼルスの病院で26日死去、49歳。1958年米ロサンジェルス生まれ。母は女優のアナ・カシュフィ(Anna Kashfi)。68年ピーター・セラーズ主演の映画「太ももに蝶」などに端役として出演。90年当時妊娠中だった妹(Cheyenne)の恋人(Cheyenne,)を射殺。口論の末の事故と主張したが、殺人罪で禁固5年。恋人の死後に... <hr size=1 /><a href="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/20080128015717.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/20080128015717s.jpg" alt="Christian Brando" border="0" /></a><br clear="all" /><br />米俳優の故マーロン・ブランド(Marlon Brando,04年死去)の長男クリスチャン・ブランド(Christian Brando)、肺炎のためロサンゼルスの病院で26日死去、49歳。<br /><br />1958年米ロサンジェルス生まれ。母は女優のアナ・カシュフィ(Anna Kashfi)。68年ピーター・セラーズ主演の映画「太ももに蝶」などに端役として出演。<br /><br />90年当時妊娠中だった妹(Cheyenne)の恋人(Cheyenne,)を射殺。口論の末の事故と主張したが、殺人罪で禁固5年。恋人の死後に子供を出産した妹は、ブランド出所後の95年25歳で自殺。<br /><br />05年家庭内暴力で元妻が訴訟を起こす。有罪判決を受け、保護観察3年。さらにアルコール及び麻薬の矯正施設への入所を命じられていた。<br />
- obituary -
763

スハルト

インドネシア元大統領のスハルト(Suharto)、多臓器不全のためジャカルタの病院で27日死去、86歳。1921年オランダ植民地下のジャワ島中部ジョクジャカルタ近郊ゴデアン村生まれ。18歳で中学校卒業、農業銀行見習い行員を経て、オランダ領東インド軍(蘭印軍)に入隊。43年旧日本軍が組織したペタ(郷土防衛義勇軍)に採用。45年インドネシア独立宣言でオランダと独立戦争が始まり、インドネシア正規軍に参加。65年国軍精鋭部隊の... <a href="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/01Soeharto.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/01Soehartos.jpg" alt="01Soeharto.jpg" border="0" /></a><br clear="all" /><br />インドネシア元大統領のスハルト(Suharto)、多臓器不全のためジャカルタの病院で27日死去、86歳。<br /><br />1921年オランダ植民地下のジャワ島中部ジョクジャカルタ近郊ゴデアン村生まれ。18歳で中学校卒業、農業銀行見習い行員を経て、オランダ領東インド軍(蘭印軍)に入隊。43年旧日本軍が組織したペタ(郷土防衛義勇軍)に採用。45年インドネシア独立宣言でオランダと独立戦争が始まり、インドネシア正規軍に参加。<br /><br />65年国軍精鋭部隊の戦略予備軍司令官として、共産党系軍人のクーデター未遂「9・30事件」を鎮圧。66年スカルノ大統領から実権を奪う。67年大統領代行、68年第2代大統領に就任。強権で国内の政情を安定させ、経済発展を推進した。<br /><br />97年アジア通貨危機の経済・社会不安で民主化運動が高まり、98年首都暴動直後に辞任。30年の長期政権に幕を下ろした。<br /><br />00年在任中の不正蓄財事件で起訴されたが、病気を理由に取り下げられた。07年検察が民事訴訟を起こし、総額14億ドル(約1500億円)相当の国庫返納・損害賠償を求めていた。<br /><br />
- obituary -
762

ジョルジュ・ハバシュ

パレスチナ解放人民戦線(PFLP)元議長のジョルジュ・ハバシュ(George Habash)、心不全のためヨルダンの首都アンマンで26日死去、80歳。1926年ハイファ生まれ。ギリシャ正教徒の家庭に育つ。48年に難民となる。ベイルートのアメリカン大学で医学を学び、外科医の資格を持つ。67年パレスチナ解放機構(PLO)内の反主流派PFLPを創設し議長となる。マルクス・レーニン主義を掲げ、60-70年代ハイジャックやテロを指揮。72年岡本公三容疑... <a href="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/20080128013527.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/20080128013527s.jpg" alt="01George Habash" border="0" /></a><br clear="all" /><br />パレスチナ解放人民戦線(PFLP)元議長のジョルジュ・ハバシュ(George Habash)、心不全のためヨルダンの首都アンマンで26日死去、80歳。<br /><br />1926年ハイファ生まれ。ギリシャ正教徒の家庭に育つ。48年に難民となる。ベイルートのアメリカン大学で医学を学び、外科医の資格を持つ。67年パレスチナ解放機構(PLO)内の反主流派PFLPを創設し議長となる。マルクス・レーニン主義を掲げ、60-70年代ハイジャックやテロを指揮。72年岡本公三容疑者らによるイスラエルの空港乱射事件を起こした日本赤軍とも連携。<br /><br />93年PLO主流派の故アラファト前パレスチナ自治政府議長がパレスチナ暫定自治宣言で対イスラエル和平交渉に踏み切る。これに反対して対立。00年病気のため議長を退任。<br />
- obituary -
761

章含之

元中国女性外交官の章含之、肺疾患などのため北京市内で26日死去、73歳。1935年上海生まれ。北京外国語学院大学院修了。毛沢東主席の英語教師を務め、71年外務省入省。73年喬冠華(のち外相)と結婚。中国人民対外友好協会常務理事、国務院発展研究センター国際部主任などを歴任。... <a href="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/20080128013541.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/20080128013541s.jpg" alt="01章含之" border="0" /></a><br clear="all" /><br />元中国女性外交官の章含之、肺疾患などのため北京市内で26日死去、73歳。<br /><br />1935年上海生まれ。北京外国語学院大学院修了。毛沢東主席の英語教師を務め、71年外務省入省。73年喬冠華(のち外相)と結婚。中国人民対外友好協会常務理事、国務院発展研究センター国際部主任などを歴任。<br /><br />
- obituary -
760

リチャード・ダーマン

元米財務副長官で元米行政管理予算局長のリチャード・ダーマン(Richard G. Darman)、白血病のためワシントン市内の病院で25日死去、64歳。1943年ノースカロライナ州シャーロット生まれ。マサチューセッツ州ウェルズレイヒル育ち。64年ハーバード大、67年同ビジネススクール卒業。厚生省、国防総省、商務省などを経て、85-87年まで財務副長官。ベーカー財務長官(当時)の懐刀とされた。85年レーガン政権の5米財務副長官として「プ... <a href="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/26darman.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/26darmans.jpg" alt="26darman.jpg" border="0" /></a><br clear="all" /><br />元米財務副長官で元米行政管理予算局長のリチャード・ダーマン(Richard G. Darman)、白血病のためワシントン市内の病院で25日死去、64歳。<br /><br />1943年ノースカロライナ州シャーロット生まれ。マサチューセッツ州ウェルズレイヒル育ち。64年ハーバード大、67年同ビジネススクール卒業。<br /><br />厚生省、国防総省、商務省などを経て、85-87年まで財務副長官。ベーカー財務長官(当時)の懐刀とされた。85年レーガン政権の5米財務副長官として「プラザ合意」に貢献。日米欧5カ国によるドル高是正への政策協調を実現した。<br />88-93年まで連邦予算の編成などを行う行政管理予算局長。財政赤字削減法成立に向け議会などとの交渉に尽力。<br /><br />
- obituary -
759

バーナード・ボストン

米報道写真家のバーナード・ボストン(Bernard Boston)、難病アミロイドーシスのため米南部バージニア州の自宅で22日死去、74歳。首都ワシントン生まれ。ヴァージニア州マクリーン育ち。7歳の頃から写真を撮り始める。67年国防総省付近で行われたベトナム戦争反対デモで、警備の兵士が持つライフルの銃身に若い男性が花を一輪挿す写真「フラワー・パワー」を撮影。反戦のイコンとして世界中的に知られる。60年代初めからホワイト... <a href="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/bernie_boston_.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/b/o/h/bohyo/bernie_boston_s.jpg" alt="bernie_boston_.jpg" border="0" /></a><br clear="all" />米報道写真家のバーナード・ボストン(<A HREF="http://www.nppa.org/news_and_events/news/2008/01/boston.html">Bernard Boston</A>)、難病アミロイドーシスのため米南部バージニア州の自宅で22日死去、74歳。<br /><br />首都ワシントン生まれ。ヴァージニア州マクリーン育ち。7歳の頃から写真を撮り始める。<br />67年国防総省付近で行われたベトナム戦争反対デモで、警備の兵士が持つライフルの銃身に若い男性が花を一輪挿す写真「フラワー・パワー」を撮影。反戦のイコンとして世界中的に知られる。<br /><br />60年代初めからホワイトハウスを中心に取材、トルーマン大統領からクリントン大統領まを取材。地方紙で写真記者をしたのち、81年ロサンゼルス・タイムズ紙に移る。93年同紙ワシントン支局の首席写真記者を最後に引退。68年と87年にピュリツァー賞最終選考に残った。<br /><br />06年から闘病生活。ライカの世界的な収集家でもあった。
- obituary -
    Return to Pagetop