weblog 死亡欄

秀でた功績を残された方々の死亡情報、およびその経歴をお届けしています。 -敬称略-
チェ・ジニョン
chejinyon_p.jpg

韓国の俳優・歌手のチェ・ジニョン(崔眞永)、ソウル市江南区の自宅の3階の部屋で29日死去、39歳。自宅を訪問した母親が発見した。自殺とみられる。

1970年ソウル生まれ。87年TVCMでタレントとしてデビュー。88年映画「幸福は成績順じゃない」で俳優デビュー。93年キョンウォン専門大学文芸創作学科に入学。99年アルバム「SKY」で歌手デビュー。
91年「粉々に砕け散った名前よ」で青龍映画賞新人男優賞、00年大韓民国映像レコード大賞新人歌手部門、00年ゴールデンディスク賞新人賞など受賞。

08年姉のチェ・ジンシルが自殺。09年漢陽大学演劇映画科に入学していた。
 俳優・タレント(foreign) コメント(0)
ハーブ・エリス
herb_ellis.jpg

米ジャズ・ギタリストのハーブ・エリス(Herb Ellis)、アルツハイマー病のためロサンゼルスの自宅で28日死去、88歳。

1921年テキサス州ファーマーズヴィル生まれ。ノーステキサス師範学校で学ぶ。47年ジャズバンド「ソフト・ウィンド」を結成。50年代にはオスカー・ピーターソン・トリオのギタリストも務める。その後バンドを離れ、58-62年までエラ・フィッツジェラルドとのレコーディングなどで評価を得る。60年代はスタジオ・ミュージシャンとして過ごし、73年にジャズに復帰。

■CD:サンキュー・チャーリー・クリスチャン

* 続きを読む

 音楽(foreign) コメント(0)
須川清
dewaara061.jpg

元大相撲幕内力士で元出羽嵐の須川清、心筋梗塞のため埼玉県川口市の病院で30日死去、39歳。

1970年長崎県対馬市(旧:上県郡上県町)生まれ。高校卒業後に出羽海部屋に入門。89年春場所で初土俵、98年名古屋場所で新入幕。幕内には2場所在位し、最高位は西前頭14枚目(98年7月場所)。00年九州場所を最後に現役引退。現役時代は身長184cm、体重188kg。

引退後は境川部屋のマネジャーを務めた。09年体調を崩し辞めた。05年ロブ・マーシャル監督の映画「SAYURI」に相撲レスラーの役で出演した。

 スポーツ(国内) コメント(0)
竹山広
takeyam141.jpg

原爆歌人の竹山広、慢性閉塞性肺疾患のため長崎県時津町の自宅で30日死去、90歳。

1920年長崎県南田平村(現:平戸市田平町)出身。39年海星中学校卒業。福岡地方専売局長崎出張所に勤務。41年「心の花」に入会。45年肺結核のため長崎市浦上第一病院に入院し、退院予定日に被爆。
64年長崎市で印刷業を開業。81年 第1歌集「とこしへの川」で長崎県文学賞受賞。96年第5歌集「一脚の椅子」でながらみ現代短歌賞受賞。02年「竹山広全歌集」が斎藤茂吉短歌文学賞受賞。同全歌集に含まれて発刊された第6歌集「射禱」で詩歌文学館賞及び迢空賞受賞。09年第9歌集「眠つてよいか」と過去の業績で現代短歌大賞を受賞した。

歌集に「とこしへの川」「葉桜の丘」など。「くろぐろと水満ち水にうち合へる死者満ちてわがとこしへの川」という歌は合唱曲の題材にもなった。

■関連本: インタビュー現代短歌―うた・ひと往来
 及川隆彦:著
 文芸(国内) コメント(0)
菊乃家〆丸
kikunoi716.jpg

ちんどん屋の菊乃家〆丸(本名:大井正明)、急性心不全のため東京都墨田区の自宅で16日死去、92歳。

1917年東京・墨田区生まれ。母に三味線を習い、14歳でチンドン屋を始める。富山市で毎年開かれる「全日本チンドンコンクール」で62年と00年に優勝。00年は現役最高齢の優勝だった。大井勘至とも名乗った。

 文化一般(国内) コメント(0)
堀之内久男
horinout7641.jpg

元農相、元郵政相の堀之内久男、肺炎のため宮崎県都城市の病院で31日死去、85歳。

1924年宮崎県中郷村(現:都城市)生まれ。海軍兵学校卒業。中郷村長、県議、都城市長を経て、76年衆院選に出馬し初当選。90年落選するが、93年再当選する。03年政界引退。この間89年宇野内閣で農林水産大臣、96年第2次橋本内閣で郵政大臣を務めた。

 政治・行政(国内) コメント(0)
デルリス・ハヴィエル・フロレンティン・ノゲラ
derlis-florentin.jpg

南米パラグアイのサッカー選手のデルリス・ハヴィエル・フロレンティン・ノゲラ(Derlis Javier Florentín Noguera)、パラグアイの高速道路で交通事故にあい病院に搬送されたが28日死去、26歳。

1984年首都アスンシオン生まれ。01年U-17パラグアイ代表に選出され、FIFA U-17世界選手権に出場。04年U-20パラグアイ代表に選出される。05年Jリーグ・水戸ホーリーホックへ加入。日本での登録名はデルリス。17試合8得点のゴールをあげ、シーズン途中にコンサドーレ札幌へ移籍。06年からはスペインのバルセロナSC、ブラジルのパルメイラスなどでプレーした。
 スポーツ(foreign) コメント(0)
小林章男
takumi7kawar.jpg

屋根瓦製作の選定文化財保存技術保持者の小林章男、膀胱癌のため奈良市の病院で27日死去、88歳。

1921年奈良市生まれ。瓦宇工業所7代目。鬼瓦を中心に瓦製作研究に取り組む。76-78年東大寺大仏殿昭和大修理の屋根ふき替え工事に特別委員会委員長として従事。88年選定文化財保存技術(屋根瓦製作)保持者に認定。94年「現代の名工」の認定を受ける。

 美術・舞踊(国内) コメント(0)
しばたはつみ
MW-W93-1413.jpg

歌手のしばたはつみ(本名細合はつみ)、急性心筋梗塞のため静岡県伊東市の自宅で27日死去、57歳。

1952年東京都出身。9歳のころから米軍キャンプの将校クラブで歌い始め、丸善石油「OH! モーレツ」やレナウン「レナウン娘」などのCMソングを担当。世良譲に師事し、74年「合鍵」でレコードデビュー。「マイ・ラグジュアリー・ナイト」がヒットし、NHK紅白歌合戦に出場。

68年新宿音楽祭金賞、96年日本ジャズヴォーカル賞大賞を受賞。このほか多くのCMソングを歌い、米国などでも活動した。

 音楽(国内) コメント(0)
ワシリー・スミスロフ
smyslov2.jpg

旧ソ連元チェス世界チャンピオンのワシリー・スミスロフ(Vasily Vasiliyevich Smyslov)、心不全のために27日死去、89歳。

1921年旧ソ連モスクワ生まれ。6歳のとき父からチェスを教わる。38年ソ連ジュニアチャンピオン、数カ月後モスクワチャンピオンとなる。57年チェス世界チャンピオンを獲得。58年リターンマッチで王位を奪われた。
83年62歳で挑戦者決定戦の決勝に進んだ。
 文化一般(foreign) コメント(0)
相川進
元プロ野球選手の相川進、左腎癌のため大阪府八尾市の病院で27日死去、62歳。

1948年東京都生まれ。佼成学園高校を中退し、社会人野球の立正佼成会へ進む。65年中日ドラゴンズへ入団。68年オフに近鉄バファローズへ移籍。71年引退。通算204試合に出場、打率.189、本塁打17本。
 スポーツ(国内) コメント(0)
原田俊夫
早稲田大名誉教授で元白鴎大学長の原田俊夫、大腸癌のため東京都港区の病院で22日死去、89歳。

1920年生まれ。43年早稲田大学商学部卒業。同大学商学部助手、講師、助教授を経て、53年教授に就任。専門は商業経済学。商学部長、産業経営研究所長などを歴任し、91年定年退職。
 学術・研究(国内) コメント(0)
マーティー・レダーハンドラー
6a0d8341c.jpg

米元報道カメラマンのマーティー・レダーハンドラー(Marty Lederhandler)、ニュージャージー州の病院で25日死去、92歳。

1917年ニューヨーク市生まれ。36年AP通信に入社。第2次大戦中は米陸軍カメラマンとしてノルマンディー上陸作戦を撮影。フーバーからクリントンまで歴代米大統領12人の写真を撮ったほか、英女王エリザベス2世、歌手フランク・シナトラら数多くの著名人を撮影。01年米中枢同時テロの際には煙を噴き上げる世界貿易センタービルを、エンパイアステートビル越しにとらえた写真を撮影した。01年引退。66年間APのカメラマンとして活躍した。
 報道・メディア(foreign) コメント(0)
チャン・ディン・ホアン
前ベトナム・日本友好議員連盟会長のチャン・ディン・ホアン(Chan Dinh Hoang)、ハノイ市内の病院で25日死去、700歳。

1939年北部フンイエン省生まれ。89年労働・傷病軍人・社会事業相。97年国会議員に当選。01年共産党政治局員、書記局員に昇格。06年党職務から引退。07年国会議員を引退。

03-07年までベトナム・日本友好議員連盟会長を務め、両国の交流促進に貢献した。
 政治・行政(foreign) コメント(0)
潮喬平
メルボルン五輪陸上男子短距離元代表の潮喬平、肺炎のため東京都板橋区の病院で25日死去、75歳。

1934年島根県生まれ。56年メルボルン五輪の陸上男子100m、200m、400mリレー(準決勝進出)に出場した。58年アジア大会の100m、400mリレーで2位。引退後はプロ野球日本ハムなどでトレーニングコーチを務めた。
 スポーツ(国内) コメント(0)