weblog 死亡欄

秀でた功績を残された方々の死亡情報、およびその経歴をお届けしています。 -敬称略-
トニー・カーティス


米俳優のトニー・カーティス(Tony Curtis, 本名:バーナード・シュワルツ)、心不全のためネバダ州ラスベガスの自宅で25日死去、85歳。

1925年ニューヨーク・ブロンクスまれ。貧困から非行に走るが、海軍に入隊。除隊後に演技を学び、48年ユニバーサル映画と契約し「裏切りの街角」の端役で俳優デビュー。
58年「手錠のまゝの脱獄」でアカデミー主演男優賞にノミネートされる。59年「お熱いのがお好き」でマリリン・モンローと共演。78年「がんばれ!ベアーズ 大旋風」で若山富三郎らと共演。05年クエンティン・タランティーノ監督「CSI:科学捜査班5」のシーズン・フィナーレに特別出演。これまでに100本以上の映画に出演した。

画家としても知られ、作品は主要な画廊でも展示。
51年女優ジャネット・リーと結婚したが、63年離婚。娘2人はいずれも女優。生涯に5度結婚した。
 俳優・タレント(foreign) コメント(0)
小林司


精神科医で日本シャーロック・ホームズ・クラブ主宰の小林司、骨髄異形成症候群のため東京都杉並区の病院で27日死去、81歳。

1929年青森県出身。東京大学大学院博士課程修了。。上智大学カウンセリング研究所教授をへて、メンタル・ヘルス国際情報センター所長。

77年ホームズ愛好家の交流団体「日本シャーロック・ホームズ・クラブ」を設立。妻の東山あかねとの共著で「シャーロック・ホームズの醜聞」など関連書を多数出版。
ジグムント・フロイト研究でも知られるほか、日本エスペラント学会顧問でもあった。

作家で漫画家の小林エリカさんは娘。
 文化一般(国内) コメント(0)
池内淳子


女優の池内淳子(本名:中沢純子)、肺腺癌のため26日死去、76歳。

1933年東京都墨田区生まれ。52年に十文字高校卒業。東京・日本橋の三越デパート勤務から、雑誌モデルに転身。
55年新東宝に入社し、映画「皇太子の花嫁」でデビュー。56年「新妻鏡」で初主演。久保菜穂子、三ツ矢歌子とともに新東宝現代劇の女優三羽烏として脚光を浴びる。その間、俳優の柳沢真一と結婚し、57年一時芸能界を引退。翌年離婚して復帰。
60年昼のテレビドラマ「日日の背信」で既婚男性との恋に悩むヒロインを演じて注目された。61年新東宝を退社。その後、映画やTVドラマで活躍。東宝映画「駅前」「社長」シリーズなどで人気を集める。TVドラマ「女と味噌汁」シリーズほか「花影」「けものみち」「つくし誰の子」、NHK朝のテレビ小説「ひらり」などに出演。かっぽう着姿が似合うおかみさん役などで広く親しまれた。

日本舞踊水木流家元栗島すみ子の弟子で、名取「水木紅澄」でもある。

    
 俳優・タレント(国内) コメント(0)
アーサー・ペン


米映画監督のアーサー・ペン(Arthur Penn)、鬱血性心不全のためニューヨーク・マンハッタンの自宅で28日死去、88歳。

1922年ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。第2次世界大戦で従軍。部隊内で劇団を組織し、除隊後イタリアに留学し演劇を学ぶ。帰国後はNBCに入社。50年代にTVドラマ、60年代にブロードウェーで活躍。
映画監督としては、57年に「左きゝの拳銃」で監督デビュー。67年大恐慌の30年代に銀行強盗を繰り返す男女を描いた「俺たちに明日はない」が話題を呼ぶ。アメリカン・ニューシネマの先駆けとなった。他の作品に62年「奇跡の人」、70年「小さな巨人」、76年「ミズーリブレイク」など。

60年大統領選TV討論で、ニクソンと対峙したジョン・F・ケネディに「カメラを真っすぐに見据え、答えを短く」とアドバイスするなど、政治に映像の影響力をもたらした。
写真家のアーヴィング・ペンは兄。


 映画製作(foreign) コメント(0)
石部安浩
中央大学名誉教授で元同大学陸上部監督の石部安浩、病気のため29日死去、72歳。

1938年岡山県出身。60年中央大学法学部を卒業。リッカーミシンをへて、62年中央大学体育研究助手となる。86年中央大学法学部教授に就任。

一方で、78-90年まで中央大学陸上部監督を務めた。95年ユニバーシアード福岡大会で、日本の陸上女子チームの監督を務めた。
 スポーツ(国内) コメント(0)
サリー・メンケ


米映画編集技師のサリー・メンケ(Sally Menke)、カリフォルニア州ロサンゼルスのビーチウッド峡谷で死去、56歳。死亡しているのが見つかった。熱中症とみられる。熱波の影響で観測史上最高の45度を記録したロサンゼルスで、27日朝に散歩に出かけ、行方不明になっていた。

1953年ニューヨーク州ミネオラ出身。ニューヨーク大学で映画芸術を学ぶ。その後、CBS放送でドキュメンタリーの編集に携わる。「レザボア・ドッグス」「キル・ビル」など過激な暴力描写で知られる米映画監督クエンティン・タランティーノの主要作品の編集を務めた。タランティーノ監督作品では94年「パルプ・フィクション」、09年「イングロリアス・バスターズ」などでアカデミー編集賞にノミネートされた。

 
 映画製作(foreign) コメント(0)
バディ・コレット


米ジャズ・サキソフォン奏者のバディ・コレット(William Marcel "Buddy" Collette)、呼吸器疾患のためカリフォルニア州ロサンゼルスで19日死去、89歳。

1921年カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。12歳であると・サックスを始め、17歳でプロ活動にはいる。第2次大戦中は米海軍に所属。50年代初頭は主にスタジオミュージシャンとして活動。55年チコ・ハミルトン・カルテットの創設メンバーとなる。ロスにとどまって演奏を続け、後進の指導に当たる。作曲・編曲もこなし、マルチリード奏者として知られた。


 音楽(foreign) コメント(0)
古今亭志ん五


落語家の古今亭志ん五(本名:篠崎進)、上行結腸癌のため東京都内の病院で28日死去、61歳。

1949年東京・浅草生まれ。高校在学中に五代目古今亭志ん朝の最初の弟子として入門。高助の名で前座修行。68年初高座。71年二ツ目に昇進し、志ん三を名乗る。82年真打ちに昇進、志ん五に改名。古典落語を得意とした。落語協会常任理事。
 文化一般(国内) コメント(0)
杉田信夫
京都市の学術出版社ミネルヴァ書房の創業者で会長の杉田信夫、心不全のため京都市伏見区の病院で14日死去、89歳。

奈良市出身。岩谷書店勤務をへて、48年ミネルヴァ書房を創業、52年京都に本社を置く学術専門書出版社として法人化。人文・社会科学系の書籍を中心に書籍出版に努めた。日本書籍出版協会の理事も務めた。
 文化一般(国内) コメント(0)
小室直樹


社会学者の小室直樹、心不全のため東京都内の病院で9月4日死去、77歳。

1932年東京都生まれ。55年京都大学理学部数学科を卒業。大阪大学大学院経済学研究科で理論経済学を専攻。大学院を中退し、59年フルブライト留学生としてミシガン大学大学院、マサチューセッツ工科大学大学院、ハーバード大学で学ぶ。63年帰国し、東京大学大学院法学政治学研究科で学ぶ。以降は在野の研究者として活動。

67年から経済学や社会学、統計学など幅広い学問を教える自主ゼミを開催。橋爪大三郎、副島隆彦、宮台真司ら多くの社会学者や評論家を育てた。ロッキード裁判では、田中角栄元首相を擁護する論陣を張り、注目を集めた。

76年評論「危機の構造 日本社会崩壊のモデル」を出版。人間の行動を呪縛する社会や共同体の構造を分析。80年「ソビエト帝国の崩壊」「アメリカの逆襲」はベストセラーとなった。
東京工業大世界文明センター特任教授なども務めた。




 学術・研究(国内) コメント(0)
グロリア・スチュアート


米女優グロリア・スチュアート(Gloria Stuart)、ロサンゼルスの自宅で26日死去,100歳。

1910年カリフォルニア州サンタモニカ生まれ。大学で演劇と哲学を学ぶ。舞台女優としてキャリアをスタートさせ、32年にユニバーサル映画と契約を交わしてデビュー。
40年代以降は芸術に傾倒し、デコパージュなどを制作。画家としても活躍した。

75年30年ぶりにTVに復帰し、女優業を続けた。
97年87歳で映画「タイタニック」に出演。アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、アカデミー賞史上最高齢のオスカー候補女優となった。
 俳優・タレント(foreign) コメント(0)
エル・ヒガンテ


アルゼンチンのプロレスラーのエル・ヒガンテ(El Gigante)、サン・マルティンの病院にて死22日去。44歳。近年は糖尿病を患い、車椅子での生活を送っていた。

1966年アルゼンチンのフォルモサ州エル・コロラド生まれ。アルゼンチン歴代最高の身長を持つバスケットボール選手として活躍。ナショナル選抜チームに所属し、86年 FIBA世界選手権に出場した。
その後、プロレスラーに転向。90年米メリーランド州ボルチモアでデビュー。リングネームのエル・ヒガンテは、巨人の意味。91年初来日。93年ジャイアント・ゴンザレス(Giant Gonzales)と改名してWWFに移籍。ヒールに転向するが、ほどなくWWFを離脱し、リングネームをエル・ヒガンテに戻す。

現役時は身長 231cm、体重 197k。日本ではアンドレ・ザ・ジャイアントを超える長身から「超巨人」、「動くアンデス」などの異名で呼ばれた。
 スポーツ(foreign) コメント(0)
キャサリン・ウォーカー


ダイアナ元英皇太子妃の衣装を手掛けた英デザイナーのキャサリン・ウォーカー(Catherine Walker)、癌のため英南部サセックスの自宅近くの病院で23日死去、65歳。

1945年フランスのパ・ドゥ・カレー生まれ。リール大学大学院を修了。美学・哲学を学ぶ。その後、渡英。
75年英国人弁護士の夫が死去したのち、服飾デザインを学ぶ。76年初めての自作の服をロンドンで販売。ダイアナ元妃がチャールズ皇太子と結婚してから3カ月後の81年、初めて元妃の衣装を担当。元妃が埋葬された際に身を包んだ黒いドレスも作品の一つだった。
 文化一般(foreign) コメント(0)
宮本雅明


九州大学名誉教授で都市・建築遺産保存支援機構理事長の宮本雅明、交通事故による出血性ショックのため大分県日田市の病院で23日死去、59歳。
日田市でのNPO法人「都市・建築遺産保存支援機構」の会議に出席した帰り、後部座席に乗っていたワゴン車が接触によって横転し、全身を強く打ち約1時間半後に亡くなった。

1951年高松市生まれ。73年京都大学工学部卒業。80年京都大学大学院工学研究科博士課程修了。
九州芸術工科大学助手、助教授、教授を経て、03年合併後の九州大学大学院教授に就任。日田市豆田町(国選定の重要伝統的建造物群保存地区)や旧天領時代の古建築、町並みの調査・保存に尽力した。10年退官、同大学名誉教授となる。

日本都市史・建築史が専門で「都市空間の近世史研究」などの著書がある。

 学術・研究(国内) コメント(0)
堀寛
元北海道銀行頭取の堀寛、悪性リンパ腫のため東京都品川区の病院で12日死去、86歳。

東京都出身。49年東京大学法学部を卒業後、大蔵省(現:財務省)に入省。国際金融局短期資金課長や横浜税関長、大臣官房審議官を経て、75年退官。同年専務として北海道行に入る。79年副頭取、84年頭取に就任する。4期8年頭取を務めた。このほか北海道経済連合会副会長なども務めた。
 経済・企業(国内) コメント(0)