アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
2308

四手井綱英

shidei87.jpg

森林生態学者で京都大名誉教授の四手井綱英、肺炎のため26日死去、97歳。

1911年京都市生まれ。37年京都帝国大学(京都大学)農学部林学科を卒業。農林省山林局や国立林業試験場などの勤務を経て、54年京都大学農学部教授に就任。「造林学の基礎は生態学」との理念から、日本の大学で初の「森林生態学講座」を開講した。退官後、76年日本モンキーセンター所長、80-86年京都府立大学学長を務めた。

人と樹木が共生する場を意味する「里山」の言葉を生み、里山ブームのさきがけをつくった。このほか、戦後の林業政策を「木材生産一辺倒」として批判し、人工造林や大規模林道開発に警鐘を鳴らした。
著書に「森林」(1-3巻)「森の生態学」「アカマツ林の造成」「言い残したい森の話」など多数。

京大学士山岳会長を務め、日中合同によるナムナニ峰の術登山や京大ヒマラヤ遠征隊を支援したした。また、京大探検部の顧問も務めた。

今西錦司らと共に京都大学士山岳会を結成した物理学者・四手井綱彦は次兄。妻の淑子はキノコ研究者でエッセイスト。

■著書:四手井綱英が語る これからの日本の森林づくり
■著書:森林はモリやハヤシではない―私の森林論

関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop