アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

2315

斎藤耕一



映画監督の斎藤耕一、肺炎のため東京都日野市の病院で28日死去、80歳。

1929年東京八王子市生まれる。立教大学中退後、東京写真工業専門学校(現:東京工芸大学)に入学。卒業後の49年太泉映画(現:東映東京撮影所)にスチルマンとして入社。今井正監督「ひめゆりの塔」でキネマ旬報スチールコンテスト1位入賞。54年日活に引き抜かれ中平康、今村昌平、市川崑など多くの作品のスチルを担当したほか、石原裕次郎デビュー直後に初の写真集「海とトランペット」を出版。中平康監督「月曜日のユカ」などの脚本も手がける。

67年「斎藤プロダクション」を設立し、「囁きのジョー」で監督デビュー。72年岸惠子と萩原健一主演の「約束」を監督。「旅の重さ」でキネマ旬報ベストワンを獲得。「津軽じょんがら節」など日本の風土を背景にした作品を撮り評価を高める。99年「日本一荒れた学校」と報道された「稚内南中学校」が全国民謡民舞大会で日本一になった実話をもとに作られた「稚内発・学び座」が大反響を呼ぶ。

74年芸術選奨文部大臣賞、83年ベネチア世界映画祭の短編部門で金・銀獅子賞を同時受賞。94年紫綬褒章受章。

■DVD:旅の重さ
■DVD:津軽じょんがら節
■DVD:月曜日のユカ

    
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop