アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

3179

アーサー・ペン



米映画監督のアーサー・ペン(Arthur Penn)、鬱血性心不全のためニューヨーク・マンハッタンの自宅で28日死去、88歳。

1922年ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。第2次世界大戦で従軍。部隊内で劇団を組織し、除隊後イタリアに留学し演劇を学ぶ。帰国後はNBCに入社。50年代にTVドラマ、60年代にブロードウェーで活躍。
映画監督としては、57年に「左きゝの拳銃」で監督デビュー。67年大恐慌の30年代に銀行強盗を繰り返す男女を描いた「俺たちに明日はない」が話題を呼ぶ。アメリカン・ニューシネマの先駆けとなった。他の作品に62年「奇跡の人」、70年「小さな巨人」、76年「ミズーリブレイク」など。

60年大統領選TV討論で、ニクソンと対峙したジョン・F・ケネディに「カメラを真っすぐに見据え、答えを短く」とアドバイスするなど、政治に映像の影響力をもたらした。
写真家のアーヴィング・ペンは兄。


関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop