アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

3399

高峰秀子



元女優の高峰秀子(本名:松山秀子)、肺癌のため東京都内の病院で28日死去、86歳。

1924年北海道函館市生まれ。29年見学に訪れた鎌田撮影所で子役審査に飛び入り参加し、野村芳亭監督に見いだされ同監督の「母」で子役デビュー。小津安二郎監督「東京の合唱」などで天才子役と称賛される。
51年木下恵介監督の日本初総カラー映画「カルメン故郷に帰る」に主演。54年「二十四の瞳」「女の園」などで毎日映画コンクール女優主演賞を受賞。57年「喜びも悲しみも幾歳月」で再び同賞受賞。

52年成瀬巳喜男監督「稲妻」、55年同「浮雲」に主演。「乱れる」ではスイス・ロカルノ国際映画祭女優賞を受賞。このほか61年松山善三監督「名もなく貧しく美しく」やマキノ雅弘監督「婦系図」「阿片戦争」など約170本の作品に出演した。

79年「衝動殺人 息子よ」で女優引退を宣言。

94年TVドラマ「忍ばずの女」の脚本執筆。著書に76年日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した自伝「わたしの渡世日記」など。

映画監督で脚本家の松山善三は夫。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop