アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

4166

立川談志



落語家で元参院議員の立川談志(本名:松岡克由)、喉頭癌のため東京都内の病院で21日死去、75歳。

1936年東京生まれ。56年16歳で高校を中退し、五代目柳家小さんに入門。小ゑんを名乗った二ツ目時代から頭角を現す。53年真打ち昇進。五代目立川談志を襲名。66-69年までTV番組「笑点」では初代司会者を務めた。

69年衆院選に旧東京88から出馬し落選。71年参院選全国区で最下位当選、自民党入党。沖縄開発庁政務次官を務めたが、酒に酔って記者会見に臨み問題発言で辞任。

落語協会真打昇進試験制度運用を巡って落語協会会長で師匠の小さんと対立し、83年落語協会を脱会。落語立川流を創設、家元となる。古典を現代的に究めることにこだわり続けた。

97年食道癌を外科手術により摘出。

     
  




関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop