アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

4247

森田芳光



映画監督の森田芳光、C型肝炎による急性肝不全のため東京都内の病院で20日死去、61歳。

1950年神奈川県茅ヶ崎市生まれ、東京都渋谷区育ち。東宝芸能学校に所属し、子役としてTV番組や舞台などに出演。日本大学芸術学部放送学科に進学し、自主映画を撮り始める。

78年「ライブ・イン・茅ヶ崎」でぴあフィルムフェスティバル入選。81年落語家を主人公にした「の・ようなもの」で劇場映画デビュー。83年松田優作主演の「家族ゲーム」で芸術選奨新人賞などを受賞。84年沢田研二主演の「ときめきに死す」が大ヒット。85年松田優作主演で夏目漱石原作「それから」を映画化し、キネマ旬報ベストワンなど各賞受賞。07年黒澤明監督のオリジナル版(1962年)を同じシナリオで「椿三十郎」をリメイク。

他の監督作品に「キッチン」「(ハル)」「模倣犯」「阿修羅のごとく」「武士の家計簿」「黒い家」「失楽園」などがある。
12年3月公開の「僕達急行 A列車で行こう」を完成させたばかりだった。

        




関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop