アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

4338

テオ・アンゲロプロス



ギリシャの映画監督テオ・アンゲロプロス(Theo Angelopoulos)、撮影中に交通事故にあいアテネ郊外で24日死去、76歳。
アテネ郊外ピレウス港近くの路上を横断中にバイクにはねられ、頭部に重傷を負って搬送先の病院で亡くなった。事故現場近くで新作映画の撮影中だった。

1935年アテネ生まれ。アテネ大学を卒業。兵役を経て、パリのソルボンヌ大学に留学するが退学。その後、パリ高等映画学院に入学するが、教師と対立し放校処分。

64年政情不安定なギリシャに帰国。左翼系日刊紙「ディモクラティキ・アラギ」で映画批評を始める。68年映画雑誌「同時代映画」を創刊。同年短編映画「放送」を発表。70年長編処女作「再現」が完成、ジョルジュ・サドゥール賞受賞。

75年現代史三部作第2作となった「旅芸人の記録」でカンヌ国際映画祭国際映画批評家連盟賞受賞するなど、国際的評価を得た。第二次世界大戦を挟んだギリシャ現代史を織り交ぜ、人間の描く作風で知られる。その後、「シテール島への船出」「こうのとり、たちずさんで」「ユリシーズの瞳」の国境三部作を製作。

98年老詩人の人生最後の一日を描いた「永遠と一日」でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。

このほか73年「1936年の日々」でベルリン国際映画祭国際批評家賞、88年「霧の中の風景」でヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞など受賞多数。

■関連DVDほか
テオ・アンゲロプロス全集 DVD-BOX I (旅芸人の記録/狩人/1936年の日々)
テオ・アンゲロプロス全集 DVD-BOX II (ユリシーズの瞳/こうのとり、たちずさんで/シテール島の船出)
テオ・アンゲロプロス全集 DVD-BOX III (霧の中の風景/蜂の旅人/アレクサンダー大王)
テオ・アンゲロプロス全集 DVD-BOX IV (永遠と一日/再現/放送/テオ・オン・テオ)



      


関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop