アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
4851

若松孝二



映画監督の若松孝二(本名:伊藤孝=)、東京都内の病院で17日死去、76歳。
10月12日に東京都新宿区でタクシーにはねられて重傷を負い、入院先で治療を受けていた。

1936年宮城県涌谷町出身。農業高校二年で中退。57年チンピラ同士のいざこざで逮捕され、半年間拘禁され執行猶予付の判決を受ける。職を転々としTV映画の助監督になる。
63年ピンク映画「甘い罠」で映画監督デビュー。65年「若松プロダクション」を開設。学生運動が盛んだった60-70年代にかけて荒い画面と過激な物語が若者たちに支持された。

近年は実際の事件を題材にした社会派作品を監督。08年「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」でベルリン国際映画祭の最優秀アジア映画賞を受賞。

他の監督作品に「キャタピラー」「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」「水のないプール」「海燕ホテル・ブルー」など。中上健次の小説を映画化した「千年の愉楽」も公開を控えていた。

       


関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop