アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
お薦め




4883

高田拓土彦

脚本家の高田拓土彦(本名:高田龍彦)、肺癌などのため東京都文京区の病院で10月1日死去、67歳。

1944年福井県出身。70年桐朋学園大学芸術学部演劇科を卒業。劇団俳優座演出部に所属。
NHK大河ドラマ「新平家物語」「勝海舟」にレギュラー出演、俳優座退団。72年東映シナリオコンクール入選。73年「ザ・カゲスター」で脚本家デビュ。77年米国に移住し、「アメリカン・プロダクションサービス」を設立。79年帰国、脚本の仕事を再開。

89年「エバラ家の人々」で監督デビュー。ほかに「首領への道」、TVドラマ「俺たちの旅」などの脚本を手掛けた。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop