アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5070

史占春



中国登山家で元中国登山協会主席の史占春(シー・チャンチュン)、病気のため北京市内の病院で27日死去、85歳。

遼寧省生まれ。56年初めて組織された中国登山隊の隊長に任命される。57年四川省のミニヤコンカ(7556m)、60年世界最高峰エベレスト(中国名チョモランマ、8848m)に中国隊を率いて北東側から初登頂。中国登山協会主席を務めた。

85年日中友好ナムナニ峰登山隊の総隊長を務めた。91年京都大学学士山岳会と中国登山協会などの合同登山隊が雲南省・梅里雪山で遭難した際に捜索陣頭指揮をとる。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop