アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5248

佐野洋



作家の佐野洋(本名:丸山一郎)、肺炎のため神奈川県川崎市麻生区の病院で27日死去、84歳。

1928年東京都生まれ。東京大学文学部心理学科を卒業。読売新聞社に入社。
58年週刊朝日と宝石の共催コンクールで短編「銅婚式」が入選しデビュー。59年読売新聞社を退社、「一本の鉛」などの作品で松本清張に続く社会派推理小説の書き手として注目された。64年長編「華麗なる醜聞」で日本推理作家協会賞を受賞。97年推理文壇への貢献により日本ミステリー文学大賞を受賞。09年菊池寛賞を受賞。

73年から雑誌「小説推理」に「推理日記」を連載。39年間続けた。
日本推理作家協会の理事長も務めた。

代表作に「事件の年輪」など。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop