アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5255

中坊公平



日本弁護士連合会会長、整理回収機構(RCC)初代社長の中坊公平、心不全のため京都市内の病院で3日死去、83歳。

1929年京都市出身。48年 同志社大学に入学。49年同退学、同志社外事専門学校に編入。その後、京都大学法学部に入学し、59年同卒業。57年弁護士登録。
73年森永ヒ素ミルク事件の被害者弁護団長に就任する。85年巨額詐欺「豊田商事事件」で同社の破産管財人を務めた。
90年から2年間日弁連会長を務める。93年から香川県・豊島の産廃不法投棄事件で住民側弁護団長として公害調停をまとめた。

96年旧住宅金融専門会社(住専)の不良債権処理に当たる住宅金融債権管理機構の初代社長に就任。債権回収の陣頭指揮をとる。99年同機構を改組したRCC社長に就任、退任後、警察刷新会議委員などを歴任した。
00年小渕恵三首相から内閣特別顧問に任命される。

03年住管機構時代の不適切な債権回収をめぐり東京地検の捜査を受けた責任を取り、大阪弁護士会に退会届を提出し弁護士を廃業。05年退会届が受理された。

関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop