アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5265

村松増美



同時通訳者の村松増美、3月3日死去、82歳。

1930年東京都生まれ。早稲田大学文学部を中退。在日米軍のタイピストをへて、通訳者になる。56年日本生産性本部駐米通訳として渡米。60年日米貿易協議会(ワシントン)調査部長に就任。
この間ジョージ・ワシントン大学で国際経済学を修める。
65年に日本初の会議通訳者集団サイマル・インターナショナル創設に参加。同社社長、会長、顧問をへて、00年退任。

日本の会議通訳者(同時通訳者)の草分け的存在。75年主要国首脳会議(サミット)の第1回ランブイエ・サミットから第9回まで毎回通訳チームの一員として日本の外交に貢献。「ミスター同時通訳」とも称された。69年アポロ11号月面着陸のテレビ中継の同時通訳も務めた。

このほか国際ユーモア学会理事、01年NPO「えむ・えむ国際交流協会」を設立し代表を務めた。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop