アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5270

小田晋

精神科医で筑波大学名誉教授の小田晋、心不全のためさいたま市内の病院で11日死去、79歳。

1933年大阪府生まれ、岡山県育ち。58年岡山大学医学部を卒業。63年東京医科歯科大学大学院を修了。専門は精神医学・犯罪学専攻。

東京医科歯科大学助教授、獨協医科大学助教授をへて、77年筑波大学教授に就任。
01年から帝塚山学院大学教授、国際医療福祉大学客員教授。社会経済生産性本部メンタルヘルス研究所長。

この間、精神科医として刑事事件で容疑者の精神鑑定を行った。82年羽田空港沖の日航機墜落事故では、機長の精神鑑定を担当。84年から翌年にかけ食品会社が次々脅迫されたグリコ森永事件、88年から翌年にかけ埼玉と東京で起きた幼女連続誘拐殺人事件、95年地下鉄サリン事件などで、マスメディアに登場し犯罪者心理を分析した。

   



関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop