アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5288

茂山千作



人間国宝で大蔵流狂言師の四世茂山千作(本名:茂山七五三)、肺癌のため京都市の自宅で23日死去、93歳。

1919年京都市生まれ。4歳で「伊呂波」のシテで初舞台。弟の千之丞とともに戦後の狂言界を牽引した。66年十二世茂山千五郎を襲名、茂山家当主となる。89年人間国宝に認定。91年より日本芸術院会員。
94年当主名を長男の千五郎に譲り、四世千作を襲名。07年狂言師として初の文化勲章を受章。 

代表作に「素袍落」「靭猿」など。ほかに映画やTVドラマの出演、現代演劇、歌舞伎関係者との共演など多彩な活躍を展開した。
著書に「千五郎狂言咄」「京都の狂言師」。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop