アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5320

尾崎行雄



元プロ野球選手で東映、日拓(現:日本ハム)投手だった尾崎行雄、肺癌のため13日死去、68歳。

1944年大阪府泉大津市出身。61年浪商高校(現:大阪体育大学浪商高)2年時に夏の甲子園で優勝投手となり、「怪童」と呼ばれる。同年高校を中退し、東映フライヤーズへの入団を表明。62年初登板で勝利投手になり20勝9敗、防御率2.42の成績で新人王獲得。64-66年まで3年連続で20勝を記録、65年は27勝を挙げて最多勝を獲得。68年以降は勝星から遠ざかり、73年29歳で現役引退。プロ通算107勝83敗、防御率2.70。

引退後はレストラン経営ののち、スポーツ関係の会社に勤務。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop