アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5452

豊田英二



元トヨタ自動車社長で現最高顧問の豊田英二、心不全のため愛知県豊田市の病院で17日死去、100歳。

1913年愛知県金城村(現:名古屋市西区)生まれ。36年東京帝国大学工学部機械工学科を卒業。トヨタ創業者の豊田喜一郎の誘いで豊田自動織機製作所(現:豊田自動織機)に入社。37年同社の自動車部門が分離独立したトヨタ自動車工業に転籍、国産乗用車の開発に従事。取締役任、副社長をへて、67年社長に商人。

82年トヨタ自工とトヨタ自販の合併でトヨタ設立、会長に就任。米国でゼネラル・モーターズ(GM)とのの合弁生産に合意など世界進出の礎を築いた。 
94年取締役退任、その後名誉会長や最高顧問を務める。

ほか日本自動車工業会会長、経団連副会長などの要職を歴任。94年ホンダ創業者の本田宗一郎に次ぐ日本人2人目の米国自動車殿堂入りを果たす。99年米誌「タイム」で「今世紀最も影響力のあったアジアの20人」の一人に選ばれた。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop