アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5474

河西昌枝



元バレーボール日本代表チーム主将で東京五輪金メダリストの河西昌枝(現:中村昌枝)、3日死去、80歳。

1933年山梨県巨摩郡南湖村(現:南アルプス市)出身。県立巨摩高校を卒業、日紡(当時)に入社。62年モスクワ世界選手権で優勝。64年の東京五輪で主将兼セッターとして金メダルを獲得。大松博文監督のもと「東洋の魔女」といわれたチームをまとめた。65年現役引退。

結婚後もママさんバレーの指導や講演などで競技に携わる。
04年アテネ五輪女子日本代表団長などを歴任。08年世界バレーボール殿堂入り。11年黒鷲旗全日本男女選抜大会で特別功労者表彰。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop