アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5488

マリア・デ・ビロタ



スペインの元F1テストドライバーだったマリア・デ・ビロタ(María de Villota Comba)、スペイン・セビリアで死去、33歳。ホテルで亡くなっているところを発見された。

1980年マドリード出身。01年F3デビュー、05年まで出場。世界ツーリングカー選手権、ユーロ3000選手権などに出場した。

11年にフランスで行われたロータス・ルノー・グランプリのテスト走行に参加。12年ロシアのF1参戦スポーツカーメーカー「マルシャF1チーム」とテストドライバー契約を結び、F1に挑戦する初めてのスペイン人女性となった。12年英ダックスフォード飛行場で行った空力テスト中にチームのサポートトラックに衝突、重傷を負い右目を失った。

父は元フォーミュラ・ワン(F1)ドライバーのエミリオ・デ・ヴィロタ、弟はレーシングドライバーとのエミリオ・デ・ヴィロタ・ジュニア。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop