アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5496

やなせたかし



漫画家のやなせたかし、心不全のため東京都内の病院で13日死去、94歳。

1919年東京府北豊島郡滝野川町(現:東京都北区)生まれ、高知県在所村(現:香美市)出身。東京高等工芸学校図案科(現:千葉大学工学部デザイン学科)を卒業。田辺製薬(現:田辺三菱製薬)に入社し、宣伝部に配属。41年徴兵。戦後、高知新聞に勤める。47年上京、三越宣伝部のグラフィックデザイナーとなる。53年34歳で三越を辞め、専業漫画家となる。
73年キャラクター「あんぱんまん」を「キンダーおはなしえほん」に掲載。75年キャラクター名を片仮名に変更した続編絵本「それいけ!アンパンマン」を出版。その後TVアニメ化されるなど国民的キャラクターの一つに成長する。

66年詩集「愛する歌」で詩人デビュー。73年雑誌「詩とメルヘン」を刊行。いずみたく作曲「手のひらを太陽に」の作詞をしたことでも知られる。

96年香美市立やなせたかし記念館「アンパンマンミュージアム」開館、98年「詩とメルヘン絵本館」開館。08年東京国際アニメフェア功労賞を受賞。
このほか00-12年まで日本漫画家協会理事長、12年から日本漫画家協会会長、やなせスタジオ社長を務めた。
関連記事


      











1

Comment

  1. 俊樹

    俊樹

    2013-10-18 (Fri) 00:32

    やなせたかしさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop