アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5564

堤清二



旧「セゾングループ」代表で作家・詩人の堤清二(ペンネーム:辻井喬)、東京都内で25日死去、86歳。

1927年東京都生まれ。父は西武グループ創業者の堤康次郎。西武鉄道グループを率いた堤義明は実弟。
51年東京大学経済学部を卒業。衆議院議長だった康次郎の秘書を務める。54年に西武百貨店に入社。55年取締役店長として百貨店を担う。
69年百貨店「東京丸物」を買収、パルコを展開。西洋環境開発を通じホテル経営、リゾート開発に乗り出しセゾングループを形成。西武百貨店を中心に80年代文化の担い手とされた。
しかし、バブル崩壊でセゾングループの経営が破綻、91年同グループ代表を辞任。00年西洋環境開発(同年清算)を含むグループ解体。

一方、辻井喬の名で文学活動を展開。55年処女詩集「不確かな朝」を発表。61年詩集「異邦人」で室生犀星詩人賞を受賞。69年初の小説「彷徨の季節の中で」出版。83年自伝的小説「いつもと同じ春」で平林たい子文学賞受賞。
00年小説「風の生涯」で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。04年「父の肖像」で野間文芸賞受賞。06年3日本芸術院賞恩賜賞を受賞。06年詩集「鷲がいて」で現代詩花椿賞受賞。、07年同作で読売文学賞詩歌俳句賞受賞。「、『自伝詩のためのエスキース」で現代詩人賞受賞。12年文化功労者。

  
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop