アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5568

難波靖治



ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)初代社長の難波靖治、病気のため27日死去、84歳。
1929年生まれ。48年多賀工業専門学校機械科(現:茨城大学工学部)を卒業。日産自動車に入社。
58年元オーストラリア・モービルガス・トライアルに出場、ダットサン210「富士号」で初出場ながら総合24位でクラス優勝。戦後国際的モータースポーツイベントで日本初の勝利となった。63年同社実験部第3実験課長に就任、ドライバーを引退し日産・追浜ワークスの実質的監督となる。66年ラリー部門の監督としてサファリラリーを始めとする国際的なラリーイベントへの参戦を指揮。

84年日産・大森ワークスを母体にNISMO設立、初代社長に就任。ル・マン24時間や世界ラリー選手権(WRC)で日産ワークスの総指揮を執る。94年NISMO社長を退任。日本自動車連盟(JAF)常任理事となる。13年モータースポーツ版名球会として発足したゴールドスタードライバーズクラブの名誉会長に就任。

関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop