アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5665

村越化石

元ハンセン病患者で俳人の村越化石(本名:村越英彦)、老衰のため群馬県草津町の国立療養所栗生楽泉園で8日死去、91歳。

1922年静岡県生まれ。38年ハンセン病を発病し旧制中学を中退。40年から化石の号で新聞の俳句欄へ投稿。41年同園に入園、栗の花句会(のち高原俳句会と改称)に入会。49年から大野林火に師事。53年「浜」同人。74年「山国抄」で俳人協会賞、58年「端坐」で蛇笏賞、09年「八十路」で山本健吉文学賞を受賞。視力を失った後も句作を続け、「魂の俳人」と呼ばれた。

代表句に〈除夜の湯に肌触れあへり生くるべし〉〈闘うて鷹のゑぐりし深雪なり〉など。他の句集に「八十八夜」など。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop