アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
お薦め




5728

西森輝門(元魁傑)



日本相撲協会の前理事長で、元大関魁傑、元放駒親方の西森輝門、18日死去、66歳。東京都内のゴルフ練習場で倒れ、搬送先の病院で死亡が確認された。

1948年山口県岩国市出身。山口県立下関中央工業高校では柔道部主将を務め、特待生として日本大学に進学。1年で中退し花籠部屋に入門、66年初土俵。74年九州場所で北の湖との決定戦を制して初優勝。75年初場所後に大関に昇進するも、二場所連続で負け越し、大関から陥落。75年初場所後に大関に昇進。1度は平幕まで陥落したが、77年初場所後、2度目の大関に昇進。79年初場所限りで現役を引退、放駒親方として横綱大乃国を育てた。通算成績:521勝410敗 勝率.560。

審判部長、巡業部長などの要職を務め、10年8月野球賭博問題で辞任した武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)の後、理事長に就任。11年2月八百長問題が発覚すると、春場所開催を中止するなどして解決に奔走。公益財団法人化に向けては、年寄名跡改革などにも取り組んだ。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop