アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5732

亀井節夫



古生物学者で京都大学名誉教授の亀井節夫、京都市北区の病院で25日死去、88歳。
1925年神奈川県出身。東京大学を卒業。66年京都大学理学部教授、89年信州大学理学部教授、92-99年までえ徳島県立博物館館長を務めた。長野県野尻湖発掘調査団長をつとめるなど各地で発掘調査を指導。ゾウの化石の研究で知られる。著書に「日本に象がいたころ」「象のきた道」など。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop