アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5735

粕谷一希



評論家で雑誌編集者の粕谷一希、心不全のため東京都豊島区の病院で5月30日死去、84歳。

1930年東京・雑司が谷生まれ。東京大学法学部を卒業。55年中央公論社に入社。61年嶋中事件発生で「中央公論」編集部次長に抜擢。67年「中央公論」編集長に就任。「思想の科学」天皇制特集号廃棄事件で執筆者陣や労働組合の抗議を受け、「中央公論」編集長を解任され、月刊誌「歴史と人物」編集長に就任。3年後「中央公論」編集長に復帰。76年山口昌男の連載時評で天皇制を文化人類学的に論じ、部下がこれを掲載差し止めする事件が起き、編集長を解任される。78年中央公論を退社。
80年最初の著書「二十歳にして心朽ちたり」を出版。
86年「東京人」誌を創刊。87年都市出版を創業。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop