アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5749

森田富士郎



映画撮影監督の森田富士郎、神経膠芽腫のため京都市右京区の病院で11日死去、86歳。

1927年京都府太秦村(現:京都市)生まれ。47年大映京都撮影所入社。撮影助手として相坂操一に師事。撮影監督となり、特撮映画「大魔神」シリーズや時代劇「座頭市」「眠狂四郎」「兵隊やくざ」シリーズなどを撮影。

71年大映倒産後フリーとなり、五社英雄監督「鬼龍院花子の生涯」、勅使河原宏監督「利休」、75年高林陽一監督「本陣殺人事件」を撮影。TV時代劇「木枯し紋次郎」なども手掛けた。 
09年日本映画テレビ技術協会栄誉賞を受賞。10年牧野省三賞を受賞。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop