アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5773

ロリン・マゼール



米指揮者・ヴァイオリニスト・作曲家のロリン・マゼール(Lorin Maazel)、肺炎の合併症のため米ヴァージニア州キャッスルトン
で13日死去、84歳。

1930年フランス・パリ近郊のヌイイ=シュル=セーヌ生まれ。8歳の時にニューヨーク・フィルハーモニックを指揮して指揮者デビュー生後まもなく家族で米国に移住。米ピッツバーグ大学を卒業。ヨーロッパに音楽留学。53年に急病の指揮者の代役として欧州デビュー。60年米国人指揮者として初めて独バイロイト祝祭劇場に登場。
以降、ベルリン放送交響楽団(現ベルリン・ドイツ交響楽団)やクリーブランド管弦楽団、パリ管弦楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニックなど、ヨーロッパやアメリカ合衆国の主要な交響楽団の音楽監督を40年以上務めた。80年以降ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートの指揮者を7年連続で務める。82年ウィーン国立歌劇場の総監督に就任。
08年ニューヨーク・フィルを率いて平壌で公演した。昨年だけで111回のコンサートを指揮するなど、精力的な活動が続いていた。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop