アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5862

ゴフ・ウィットラム



元オーストラリア首相のゴフ・ウィットラム(Edward Gough Whitlam)、シドニーで21日死去、98歳。

1916年豪メルボルン生まれ。シドニー大学卒業。
67年労働党の党首に就任。72年党首として総選挙で勝利。23年ぶりに政権奪還し、首相に就任。人種差別禁止法で制度としての白豪主義に終止符を打つ。このほか徴兵制廃止、中国の国家承認、先住民アボリジニーの土地所有権承認など多数の制度改革を行い、「戦後の豪州を変えた巨人政治家」といわれた。
75年議会混乱を理由にジョン・カー連邦総督(当時)から首相職を解任される。78年政界引退。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop