アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5864

ベンジャミン・ブラッドリー



元ワシントン・ポスト編集主幹のベンジャミン・ブラッドリー((Benjamin C. Bradlee)、老衰のためワシントンの自宅で21日死去、93歳。

1921年マサチューセッツ州ボストン生まれ。ハーバード大学を卒業。ニューズウィーク誌をへて、48年ワシントン・ポスト紙に入社。ニューズウィーク誌記者やワシントン支局長を務め、ケネディ大統領と親交を深めた。65年ワシントン・ポスト編集局長に就任。68年編集主幹となって、その後91年に退任するまで23年間同紙を率いた。
この間、ベトナム政策の詳細を書いた米国防総省の極秘文書「ペンタゴンペーパーズ」報道、74年ニクソン大統領を辞任に追い込んだウォーターゲート事件報道などを編集責任者として指揮した。ウォーターゲート事件は、共和党工作員が民主党本部に侵入したことをきっかけに、ニクソンを史上初の大統領辞任に追いこむまでに発展した一大政治スキャンダルだ。ワシントン・ポストが共和党政権の関与を相次ぎ暴露し、「調査報道の金字塔」といわれた。

関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop