アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5904

アレクサンドル・グロタンディーク



フランスの数学者アレクサンドル・グロタンディーク(Alexander Grothendieck)、フランス南部クズランの病院で23日死去、86歳。

1928年ベルリン生まれ。30年代にフランスに移住。ナチスの強制収容所を経験。フランスのモンペリエ大学を卒業。ナンシー大学に移りデュドネのもとで研究生活を送る。関数解析学から代数幾何学へ移り、50年代後半からのスキーム論による代数幾何学の書き換え、ホモロジー代数と圏論などを研究。
66年「数学のノーベル賞」と呼ばれるフィールズ賞受賞。88年クラフォード賞を受賞。フランス高等科学研究所教授を務め、「20世紀最高の数学者」とも称された。

70年代から過激な環境保護運動に身を投じる。90年以降は世間との接触を断ちピレネー山中のサン・ジロンで暮らした。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop