アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5922

菅原文太



元俳優の菅原文太、転移性肝癌による肝不全のため東京都内の病院で1日死去、81歳。07年膀胱癌を患い体調を崩していた。

1933年仙台市生まれ。55年早稲田大学第二法学部を中退。劇団四季に1期生として入団。57年岡田眞澄ら8人で日本初の男性専門モデルクラブ「ソサエティ・オブ・スタイル」を設立、ファッションモデルとして活動。
58年新東宝にスカウトされ、「白線秘密地帯」で映画俳優として本格デビュー。吉田輝雄、高宮敬二、寺島達夫ら二枚目俳優たちと「ハンサムタワーズ」と呼ばれた。61年新東宝が倒産、松竹に移籍。67年東映に移籍。73年広島を舞台に暴力団同士の抗争を描いた「仁義なき戦い」、75年公開の「トラック野郎・御意見無用」に主演。ともにシリーズ化され国民的な人気を得る。

92年長男加織とビデオシネマ「ビッグ・ボス」で初共演するも、01年踏切事故で加織死去。以降は公の場にでることを嫌うようになった。12年俳優引退を宣言。山梨県北杜市で農業法人を主宰するほか、農村再生や脱原発運動にかかわってきた。
父芳助は河北新報社記者で、狭間二郎の名をもつ洋画家・詩人でもあった。


      


関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop