アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5926

蒲池猛夫



元射撃競技選手で五輪金メダリストの蒲池猛夫、脳梗塞のため4日死去、78歳没。

1936年旧満州生まれ。敗戦後、宮崎県高原町に引き揚げ少年時代を送る。高原町立高原中学を卒業、自衛隊に入隊。62年東京五輪に向け開設された自衛隊体育学校に入校。射撃競技選手としてメキシコ五輪、ミュンヘン五輪などに出場するもメダルのないまま現役引退。
その後、復帰し84年48歳でロサンゼルス五輪に出場、男子ラピッドファイアピストルで金メダルを獲得。現在でも日本の最年長金メダリスト記録となっている。

自衛隊体育学校教官をへて、89年定年退官。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop