アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

5999

陳舜臣



作家の陳舜臣、老衰のため神戸市内の病院で21日死去、90歳。

1924年神戸市中央区生まれ。父は台湾出身の貿易商。大阪外国語学校(現:大阪大外国語学部)印度語科を卒業。同校西南アジア語研究所助手となるも、終戦とともに日本国籍を失い退職。48年一時台湾に帰国し、台北県新荘中学英語教師とあんる。49年神戸に戻る。61年推理小説「枯草の根」で江戸川乱歩賞を受賞。その後歴史小説に転じ、67年「阿片戦争」3部作を完成させた。
69年「青玉獅子香炉」で直木賞を受賞、70年「孔雀の道」と「玉嶺よふたたび」で日本推理作家協会賞を受賞した。このほか71年毎日出版文化賞、76年大佛次郎賞、88年読売文学賞、91年吉川英治文学賞など受賞多数。

89年天安門事件を批判、90年日本国籍を取得。
93年NHK大河ドラマ「琉球の風」で原作を手がける。94年脳出血で倒れ、療養中の95年阪神・淡路大震災に遭う。その後「チンギス・ハーンの一族」「曹操」「中国美人伝」などを発表。

関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop