アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6003

北白川祥子



元宮内庁女官長で元皇族の北白川祥子、急性肺炎のため東京都内の自宅で21日死去、98歳。
1916年東京生まれ。東京女子高等師範学校(現:お茶の水女子大学)を卒業。35年19歳で北白川宮永久王と結婚するも40年死別。47年他の10宮家とともに皇籍離脱。69年女官長となり、昭和天皇逝去後は皇太后宮女官長として香淳皇后に仕えた。

三島由紀夫の長篇小説「春の雪」に登場する伯爵令嬢綾倉聰子のモデルとされる。
昭和天皇の侍従長を務めた徳川義寛は実兄。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop