アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6036

ビレム・ルスカ



オランダの柔道家でミュンヘン五輪2階級性はのビレム・ルスカ(Willem Ruska)、14日死去,、74歳。

1940年アムステルダム生まれ。10代で海軍入隊、柔道を始める。20歳で選手キャリアをスタート。その後日本に渡り正気塾でも学ぶ。
67年・71年に世界柔道選手権93kg超級で金メダル獲得。72年ミュンヘン五輪で93kg超級と無差別級の2階級で金メダル獲得。
五輪後に現役を引退、プロの格闘家に転向。76年アントニオ猪木と「格闘技世界一決定戦」を行い話題を集めた。試合結果はバックドロップ3連発で猪木に敗れた。
01年脳疾患で倒れ、闘病生活。13年IJFの殿堂入り。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop