アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6096

ギュンター・グラス



独ノーベル文学賞作家のギュンター・グラス(Günter Grass)、リューベックの病院で13日死去、87歳。

1927年ダンチヒ(現:ポーランド北部グダニスク)生まれ。15歳で労働奉仕団・空軍補助兵、17歳で武装親衛隊に入隊。敗戦後は、米軍捕虜収容所で半年間の捕虜生活を送る。その後、デュッセルドルフで石工として働きながら美術学校に通う。

58年朗読による作家・批評家同士の作品発表の場「47年グループ」に認められる。59年長編小説「ブリキの太鼓」を発表、戦後ドイツを代表する作品となり、のち映画化される。同作は「猫と鼠」「犬の年」とあわせダンチヒ3部作として知られる。

99年ノーベル文学賞を受賞した。

    
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop