アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6160

室伏鴻



舞踏家で振付師の室伏鴻、心筋梗塞のためメキシコ市で18日死去、68歳。

1947年東京生まれ。69年土方巽に師事。72年麿赤兒らと「大駱駝艦」を旗揚げ。女性だけの舞踏集団「アリアドーネの會」をプロデュース。
76年舞踏派「背火」を主宰、福井県五太子町(現:福井市)に劇場「北龍峡」を開く。78年「最期の楽園」のパリ上演が1カ月のロングラン、舞踏が「BUTOH」として世界に認知されるきっかけとなる。
00年日本での活動を本格再開、神楽坂die pratzeで「Edge」を発表。03年若手メンバーを加えた「ユニットKo&Edge Co.」を立ち上げ、「美貌の青空」を発表。05年舞台批評家協会賞受賞。06年ヴェネチア・ビエンナーレで「quick silver」を発表。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop