アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
6192

青木昌彦



理論経済学者で米スタンフォード大名誉教授の青木昌彦、肺の疾患のため米カリフォルニア州の病院で15日死去、77歳。

1938年名古屋市生まれ。62年東京大学経済学部を卒業、64年同大大学院修了。67年米ミネソタ大で博士号を取得。77年京都大学教授、84年スタンフォード大学教授に就任。08-11年まで国際経済学連合(IEA)会長、97-04年まで通商産業省(現:経済産業省)のシンクタンク、通商産業研究所(現経済産業研究所)所長を務めた。
多元的な経済体制の存在価値を研究する比較制度分析と呼ばれる新分野を開拓した。

90年日本学士院賞と有沢広巳記念賞、98年シュンペーター賞を受賞。
主要著書に「組織と計画の経済理論」「経済システムの進化と多元性」「比較制度分析に向けて」「私の履歴書 人生越境ゲーム」などがある。

  

関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop