アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6250

秋田Aスケ



漫才コンビ「秋田Aスケ・Bスケ」の秋田Aスケ(本名:山口敬一)、糖尿病性腎症のため大阪市内で8月24日死去、93歳。ひとり暮らしの自宅で亡くなっているのを親族が発見した。

1922年徳島県生まれ。35年大阪にでて服地屋(ラシャ屋)で働く。38年ころ「上方漫才の父」と呼ばれた漫才作家・秋田実が吉本興業で開いた漫才道場に応募、第一期研修生となる。。しかし、コンビを組んだ弟が死去。46年新コンビを結成し、秋田実主宰のお笑い劇団「宝塚新芸座」に参加した。50~60年だにかけ軽妙なしゃべくり、二代目Bスケの猿のものまねで人気を集め、「夢路いとし・喜味こいし」らと人気を競った。
弟子に横山ノックらがいる。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop