アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6259

光藤和明



倉敷中央病院副院長で京都大学循環器内科臨床教授の光藤和明、特発性心室細動のため岡山県倉敷市の病院で18日死去、67歳。

広島市出身。74年京都大学医学部を卒業。82年カテーテルを使って狭心症や心筋梗塞を治療する経皮的冠動脈形成術(PTCA)を導入。以降、1万9000例以上の実績がある。慢性完全閉塞(CTO)の治療手技で知られ、さらに世界一硬い30gガイドワイヤーを使ったカテーテル治療に世界で初めて成功。台湾の李登輝元総統の治療も行った。

倉敷中央病院循環器内科主任部長で副院長を兼任。京都大学循環器内科臨床教授。日本心血管カテーテル治療学会理事長。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop