アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6264

中一弥



挿絵画家の中一弥(本名:中福寿)、肺炎のため津市の病院で27日死去、104歳。

1911年大阪府出身。小学生のとき右目失明。27年挿絵画家の小田富弥に入門。29年直木三十五の新聞小説の挿絵でデビュー。池波正太郎の「鬼平犯科帳」シリーズをはじめ、山本周五郎や藤沢周平ら、昭和を代表する時代小説作家の挿絵を数多く手掛けた。93年菊池寛賞、14年吉川英治文化賞を受賞。

作家の逢坂剛は三男。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop