アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6275

高崎裕士



「入浜権」を提唱し運動を推し進めた高崎裕士、肺炎のため兵庫県加古川市の病院で8日死去、84歳。

1931年朝鮮半島の京城(現:ソウル)生まれ。関西学院大学を卒業。65年兵庫県高砂市で牧師になる。同市沿岸の工場立地で有害物質ポリ塩化ビフェニール(PCB)汚染が進み、公害を告発する住民団体を結成。75年「古来、海は万民のもの」で始まる「入浜権宣言」を起草した。「釣りざおデモ」などの活動を行い、全国の環境保護運動に影響を与えた。
11年「入浜権運動をすすめる会」を発足、代表に就任。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop