アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6279

ジョナ・ロムー



元ラグビー・ニュージーランド代表(オールブラックス)のジョナ・ロムー(Jonah Tali Lomu)、同国オークランドで死去、40歳。

1975年ニュージーランドのオークランド生まれ。両親はトンガ人。94年19歳45日の若さで代表デビュー。95年、99年ワールドカップ(W杯)2大会に出場。02年ウェールズ戦までオールブラックスでは63試合に出場、37トライ、185得点を記録。W杯では個人通算最多の計15トライを記録した。準優勝した95年W杯南アフリカ大会では大会最多タイの7トライの記録を残している。
02年腎臓病のため代表引退。

身長196cm、体重120kgの巨体で100m10秒5の俊足、史上最高のウイングといわれた。
19年W杯日本大会の親善大使に就任。

    


関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop