アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6287

金泳三



元韓国大統領の金泳三(キム・ヨンサム)、病気のためソウル市内の病院で22日死去、87歳。

1927年韓国の巨済島出身。ソウル大哲学科を卒業。朝鮮戦争休戦後の54年26歳で史上最年少の国会議員に初当選。

70年野党・新民党の大統領候補選びで金大中に敗れる。74年新民党総裁に就任、朴正煕軍事政権との対決色を強めた。79年朴正煕氏暗殺後の「ソウルの春」で政治活動を活発化させたが、全斗煥率いる軍部によって自宅軟禁状態へ。軟禁解除後「民主山岳会」を支持母体に活動を再開、83年断食闘争、84年「民主化推進協議会」を金大中氏と結成した。

90年盧泰愚、金鍾泌とともに3党合同で民主自由党を発足させた。92年大統領選で当選。32年間続いた軍人出身の政権に終止符を打ち、93年本格的な文民政権をスタートさせた。
96年経済協力開発機構(OECD)に加盟。97年アジア通貨危機の影響などで対外債務が悪化し、国際通貨基金(IMF)の管理下におかれ98年退任。

関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop