アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6290

水木しげる



漫画家の水木しげる(本名:武良茂)、多臓器不全で東京都三鷹市の病院で30日死去、93歳。

1922年大阪市生まれ。鳥取県境港市で育つ。43年夜間中学3年生在学時に召集、ニューギニア戦線・ラバウル方面に出征。

復員後、紙芝居作家をへて上京。58年貸本漫画「ロケットマ」で貸本漫画家としてデビュー。63年漫画「悪魔くん」を貸本の東考社から出版。64年雑誌「ガロ」で商業誌デビュー。65年漫画「テレビくん」が講談社児童まんが賞を受賞。漫画「ゲゲゲの鬼太郎」「河童の三平」が少年漫画誌に、人気作家となる。66年「悪魔くん」が初めてTVドラマ化。68年から「ゲゲゲの鬼太郎」が5度TVアニメ化された。

93年、幼少期を過ごした境港市に町おこしとして水木しげるロードが建設され、2003年には水木しげる記念館が開館した。

07年「のんのんばあとオレ」でフランス・アングレーム国際漫画祭で日本人初の最優秀作品賞を受賞。73年「総員玉砕せよ!」でアングレーム国際漫画祭遺産賞、米アイズナー賞最優秀アジア作品賞を受賞。
世界妖怪協会会長、日本民俗学会会員、民族芸術学会評議委員などを歴任。

        
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop